褻の日記

耽美っぽい文章を書きます

もし真に道徳的な人間がいるとすれば、それはマゾヒストただ一人である

 マゾヒストの感情は不思議なものだ。動物である人間は痛いことを本能的に避けようとするのが普通だろう。しかし、マゾヒストは痛みを受け入れていく。しかも受け入れるだけではない。快感として自分の中に取り込んでいくのだ。

  一本鞭で打たれている人間を見たことがある。衣服は着けていたのだが、薄い生地だったので打たれる度に何本者赤い糸が尻に浮かび上がるのが端から見ている私の目にも分かった。赤い細い跡は時間を経る度に重なり合い尻全体を赤く染めていく。責める側が打ち終わり、マゾヒストに「大丈夫?」と声を掛けたとき、マゾヒストは「気持ちよかったです。ありがとうございます。前より耐えられて嬉しかったです」と嬉しそうに答えた。

  だが、「気持ちよかった」と「前よりも耐えられた」という2つの言葉が並ぶのは少し奇妙な気がする。なぜならば、「耐える」という言葉は通常、嫌なことに対して使う言葉だからだ。つまり、言葉通りに解釈すると彼女にとって鞭で打たれたのは気持ちよかったが、同時に耐えなければならない嫌なことであったという結論になる。

  そうしてみるとやはり奇妙だ。耐えなければいけないほど嫌なことが気持ちいいとはどういうことなのか? 畢竟、なぜマゾヒストは苦痛を快感として受け入れていくのか?

  その謎を考えるときにキーワードとなる言葉は「罪」と「罰」であると私は考える。そして、サディストとマゾヒストの作る関係性を1つの社会として見なしたい。サディストとマゾヒストの関係は罪と罰を根幹にした2人の社会だ。

  この社会の中で、サディストはマゾヒストに罰を与えていくのだ。鞭であろうと蝋燭であろうと苦痛という罰をサディストはマゾヒストに与える。

 罰があるということはその原因である罪も存在しなくてはならない。では、罰を受ける側であるマゾヒストの犯した罪とは何か。それは、性というタブーである。マゾヒストはサディストと背徳的でエロティックな社会を作る。しかし、性的な関係というのはSMのみならず一般的に忌避されるべきものだ。「快楽を得るための性」というのは道徳上、下劣なものだと多くの宗教や地域で考えられている。恋人は良いがセックスはだめ、という矛盾をはらんだ社会的な観念があるが、まさにそのようなことだ。マゾヒストはサディストから性的興奮を得ようとする存在であり、それ故にマゾヒストは快楽のための性というタブーを犯しているのだ。そうしてマゾヒストは罰されなければならない存在として2人の社会の中に現れる。

  そうしてサディストはタブーを犯しているマゾヒストを罰するのだ。マゾヒストが罰されている瞬間とは社会的正義が守られている瞬間であり、マゾヒストにとって贖罪の瞬間なのだ。この贖罪の感覚がマゾヒストにとって快楽となるのではないだろうか。サディストによる苦痛はマゾヒストにとって「許されている証明」なのだ。その「許し」は1人の人間に罪のない人間としての存在理由を与える。通常、社会の中で「許し」というプロセスを実感できることは少ない。しかしこの社会にいればマゾヒストは簡単に分かりやすい「許し」を得ることができるのだ。そうしてマゾヒストは「許し」という快楽を受け取る。サディストとマゾヒストのプレイはその社会の中での道徳的行為として完成する。

 しかし、ここで注意したいのはマゾヒストが受け取る「許し」という快感も、性的快感に他ならないということである。つまり、許され、快感がきた瞬間にその快感もまた罪となる。サディストとマゾヒストの社会では「罪」「許し(罰)」「快感」という3つの要素が絶えず入れ替わる。

  少し話が飛ぶが、キリスト教では原罪を犯した人間という、元から罪を背負った人間像が見られる。このキリスト教社会では殉教が尊いものとして重視されるが(特に原始的なキリスト教に近付けば近付くほどに)、これも殉教で自分の原罪を払うという考えが根底にはあるようだ。そう見るとこのキリスト教社会における殉教の精神とSMでのマゾヒストの精神は一致する。どちらも罪の背負った人間が罪から解放されるプロセスだからだ。ニーチェは「もし真のキリスト教徒がいるとすれば、それはイエスただ一人である」と贖罪の精神を失った教会を批難し人間の原罪を背負って死んだイエスのみをキリスト者として認めた。SMの社会でマゾヒストが性的快楽を求めるという原罪を背負っている者とみなす以上、この言葉にならって「もし真に道徳的な人間がいるとすれば、それはマゾヒストただ一人である」と言うことができるだろう。

  以上のように、マゾヒストの快楽とは社会的正義がなされる快感であり、サディストとの「罪と罰」という行為の中で完成するものなのだ。